新丸ビル「四川豆花飯荘」

004

司法研修所同期生の久しぶりの集まりです。

シンガポールで有名な四川料理の店の東京初出店です。

実は私は四川料理が大好物です。

あのしびれるような山椒の効いた料理が堪りません。

これは大好物の一つ「豚バラ肉のガーリックソース」です。

薄切りした豚バラ肉を蒸して長ネギを巻いて

その上から四川味噌の効いたガーリックソースをかけたものです。

005

これもシンガポールに行くと必ず頂く天使海老の蒸し物ガーリック風味です。

蒸した海老の上からこれでもかと細かく刻んだガーリックソースをかけて

更に白髪葱がかかっています。

もうたまりません美味しすぎます

007

ホタテのニンニク炒めです。

なんか今日はニンニクが多いみたいです。

これも四川味噌が味の決め手になっています。

う~ん、おいしすぎる~

 

006

これは本日の鮮魚(鯛です)の豆豉蒸し生姜風味です。

新鮮な鯛を切り身にして豆豉ソースと

たっぷりの長ネギと生姜をかけて蒸した贅沢な一品です。

香港やシンガポールでは底物のハタを使うことが多く丸々一匹を

姿蒸しにして出しています。

今日は残念ながら姿蒸しは有りませんでした。

 

008

ここに来たらこれははずせません。

絶品「麻婆豆腐」です。

本場の麻婆は当然ながら「クックドゥ」で作った物とは全くの別物で、

辛いと言うよりは舌が痺れるという感じです。

これも本当に本当に美味しかったです。

是非お試し有れ

 

(お店の案内)

「四川豆花飯荘」 

 東京都千代田区丸の内1-5-1
電話:03-3211-4000

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グルメ日記

銀座「マンジェ・エ・ボワール・ナガオ」

001

銀座の隠れ家風フレンチレストランです。

こじんまりとした店内ですが、シェフが丁寧に

極上のフレンチを提供する店ということで選びました。

昔からの友人達とのワクワクする飲み会です。

まず最初はアミューズです。

自家製パンにクリームチーズをトッピングし空き過ぎたお腹を和らげます。

 

002

伊豆稲取のカマスのカルパッチョです。

カルパッチョにしていただくのは初めてです。

いくら、しらすが塗してあり、とても味わい深い一品です。

赤ワインともよく合います。

003

モンサンミシェルのムール貝のワイン蒸しです。

南仏ニースやカンヌでよく食べられているそうです。

但し、レストランで注文すると量はこの5倍くらいを

バケツのような容器に入れて持ってくるそうです。

身がぷりぷりしていて味が浸みていて美味しいです。

004

北海道の秋刀魚のソテー 秋刀魚のレバーソース マスカット添えです。

秋の魚、秋刀魚をソテーにして

レバーソースで和えてある逸品です。

基本、秋刀魚はどうしようと美味しいのですが、

ソテーという食べ方は私に取ってとても新鮮でした。

005

これは何でしょうか!

正解は「こだわり卵のオムレツ 松茸とトリュフのコンソメソース」です。

こんなに沢山の松茸とトリュフを惜しげもなくかけるなんて、なんて罪なお料理

もちろんお味は言うまでもありませんでした。

009

秋田白神和牛のイチボのステーキ バルサミコソース です。

たっぷりの野菜と一緒に頂きます。

とても柔らかいお肉でした。

008

カマスのポワレ 赤ワインソースです。

温野菜が敷き詰められ、ムール貝が添えられています。

よくもこんなに沢山食べたものだと感心しています。

もちろん3人でシェアしましたがそれにしても・・・よく食べるなぁ

(お店の案内)

マンジェ・エ・ボワール・ナガオ

中央区銀座3-4-5中山ビル2F

TEL03-3535-4066

 

 

             

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グルメ日記