Harry Potter World in USJ

P1010110

話題のウィザーデイング・ワールド・オブ・

ハリー・ポッターに行ってきました。

ここが入り口です。ワクワクします。

沢山の人が並んでいましたが、エクスプレスパスを

購入しておいたのですぐに入れました

P1010099

中にはホグワーツ城がそびえ立っています。

城の中は高速で上下左右ゆれるジェットコースターです。

入るときにロッカーに全て荷物を預けさせられます。

大画面にハリーが飛んでいて、まるでクィデッチの

試合に出ているような錯覚に襲われますが結構怖いです。

P1010105

いよいよホグズミート村にやって来ました。

ここにはハリーポッターの世界が大変忠実に反映されています。

オリバンダーの店では魔法の杖がハリー、ロン、ハーマイオニー、

ヴェルデモート卿、その他有名なキャラクターの名前をつけて

材質から彫り方まで違えてて売っていました。

ハニーデュークスでは百味ビーンズ、蛙チョコレートなど魔法界の

お菓子を取り扱っています。

 

P1010100

ゾンコのいたずら専門店には「伸び耳」などの

ユニークないたずらグッズがあり、ウィーズリー家の

ジョージやフレッドも夢中になったはずです。

そのほか、ふくろう便に使われたふくろう小屋があったり、

魔法学校の制服や小物、マントなどを扱う

ダービッシュ・アンド・バングスがあり、グリフィンドールや

スリザリンのワッペンやバッジ、フラッグなどが買えます。

 

P1010101

いよいよ「3本の箒」に入りました。

ホグズミート村の老舗パブで名物のバタービールや

フィッシュアンドチップス、ロティサリー・

スモークチキンが食べられます。

なかはこのように古めかしい作りになっていて

素晴らしい雰囲気です。少しお昼の時間をはずせば、結構並ばずに入れました。

P1010102

噂のバタービールはメープル味のこってりサイダーと

いうという感じです。とても美味しいです。

このタンブラーは持って帰れます。

ハリーもロンもハーマイニーも大好きだったのを

思い出しながら飲みました。ハリーの世界に浸りましょう。

 

 

P1010111

ホグワーツ特急です。

因みに写真の女性はなんの関係もありません。

これに乗ってハリーたちは魔法学校に出かけて

いったのです。

機関車の前で記念写真を撮ることができます。

P1010109

村の中には魔法植物が動いていたり、

写真のアルバムの中の人物が動いていたり

ハリーの世界が忠実に再現されています。

本当に本当に楽しい場所です。皆さんも是非お出かけ下さい。

エクスプレスパスも忘れずに

USJの中にあります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 趣味

赤倉観光ホテル その2 和食「白樺」

P1010064

1つ前のブログに書いた赤倉観光ホテルの

和食処「白樺」です。

薄葛仕立ての鮑 海老 ヤングコーン ミニオクラ

ジュンサイ そして鰻寿司などがきれいなお重に詰められ、

ほおずきが添えられています。

P1010066

椀ものは ぼたん鱧と枝豆餅などが

清汁仕立てで創られています。

味わい深いだしの香りがします。

P1010067

お造りは竹を器に見立てて

盛りつけられています。

日本海から直送されたとびきり新鮮な

甘エビ、烏賊、等々です。

下に氷が引いてあり、時間が経っても

美味しくいただけるよう工夫されています。

 

P1010065

お酒の容器もおしゃれです

このようなすてきな容器もみるのも

楽しみの一つですね。

新潟の地酒でしたが美味しくいただけました。   

P1010068

焼き物です。鮎のけんちん焼き 蓼葉ソース 

セロリ金平 茗荷酢取り です。

鮎の新しい食べ方ですね。

蓼酢ではなく蓼葉のソースがかかっており

セロリと茗荷がそれぞれの味付けで添えられています。

ますますお酒は進みます

 

P1010070

煮物代わりです。

福子と加賀瓜、蓮根、小芋、小茄子、

ズッキーニなどが紙でできた器で

暖めていただきます。

福子はあらかじめ蒸し上げてあります。

P1010071

強肴の越後牛・賀茂茄子です。

オイル炒めになっており木の芽の香りと

伏見唐辛子で味付けがされています。

湯葉・松の実が添えられています。

越後牛は大変柔らかく美味しかったです

 

 

P1010072

お酒の出し方ですが、2杯目は

このような竹の容器で冷やして

出してくれました。

これも粋な計らいですね

P1010073

水物です。

季節の果物盛り合わせとシャーベットです。

さっぱりとした味わいでした。

ごちそうさまでした。

このホテルにはこの他に寿司処もあるそうです。

連泊の時はお寿司もいいですね

 

(赤倉観光ホテル)

新潟県妙高市高市田216

TEL0255-87-2501

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グルメ日記

赤倉観光ホテル その1 「ソルビエ」

P1010077 

 この夏の旅行の思い出です。

 およそ40年ぶりに赤倉観光ホテルに行きました。

 昔、今は亡き両親と麓のロッジによく泊まりに行き

 ここで司法試験の勉強もしていました。

 当時、いつかはこのホテルに泊まってみたいと憧れのホテルでした。

P1010052

  ホテルの外観は変わっていませんでしたが

  リニューアルされて「アクアテラス」という

  水が流れ落ちる寛ぎの場所が作ってありました。

  ここに座って遠くを見ると右奥に野尻湖が

  前には北アルプスの山々がそびえ立ちます。

  豊富な水が流れ落ちる光景は心の奥底からの癒しでした。

P1010057

このホテルのメインダイニングが「ソルビエ」です。

  このホテルの歴史は長く1937年に

  国策として建築され、昭和天皇も宿泊されたことが

  あるそうです。

  このレストランの天井も飾りが施されて優雅なたたずまいに

  なっています。

 

P1010058

本日のシェフのオードブルです。

  高原でとれたみずみずしい野菜と生ハムが

  アレンジしてあります。

  ホテル特性のドレッシングが優雅に味を調えて

  くれています。お皿に注目してください!

  上には山々が、下には杉の木が3本、赤倉の風景が描かれています。

P1010059

このホテル伝統のビーフコンソメです。

  澄み切った色と香りが絶妙です。

  長い時間をかけてじっくりとスープを取ったのが

  よく分かる美味しい味に仕上がっています。

  このお皿にも、赤倉の杉の木が3本描かれているのが

  見えます。

P1010061

  フランスシャラン産鴨肉のロースト

  蜂蜜と柚子胡椒風味です。

  鴨は大好きなのですがここの鴨肉も味わい深く

  納得のいくものでした。

  つけあわせの野菜も美味しかったです。

  盛りつけもすてきですね

P1010063

やっとお待ちかねのデザートに辿り着きました。

  このお皿も大変凝ったものですね!

  お皿の上にはクランベリーのシャーベットやチーズケーキや

  フルーツと盛りだくさんです。ガラスの器にあるのはゼリーです。

  大変美味しくいただけました。なにより高原の空気が素晴らしかったです!

  このあとは水の流れ落ちるアクアバーに行きカクテルを楽しんだ後、

  温泉に入りましたたまには命の洗濯をしなければね

 

(赤倉観光ホテル)

 新潟県妙高市高市田216

 TEL 0255-87-2501

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グルメ日記